Top

 
  • 偏光板・円偏光板・位相差板・3Dメガネ
  • 偏光板 円偏光フィルム 位相差板
  • 直線偏光板・偏光フィルム
  • ワイヤーグリッド偏光板 赤外/IR
  • 円偏光板・円偏光フィルム
  • 耐熱ガラス偏光フィルター・3D用
  • 位相差ラムダ板 λ板 1/4波長板
  • 鋭敏色法検査フィルム
  • 特注加工 貼付け/サンドイッチ/切出し
  • 3D立体メガネ 偏光/円偏光
  • 反射防止フィルム AR付アクリル
  • 光学機能性フィルム・フィルター
  • 偏光とは 円偏光とは


 偏光板とは 偏光・円偏光の仕組み



直線偏光とは▼    円偏光とは▼    主な用途▼    偏光式3Dとは▼




偏光とは特定の方向にのみ振動する光(電磁波)です。偏光板の原理は、全方向360°に振動する普通の光を、一定の方向だけに振動する光に整えます。一定方向に振動している偏光の進行方向に、1/4λ板(位相差板)を45°に設置すると、偏光した光は回転し円偏光になります。




 偏光板(偏光フィルター)の原理と図解

【図の説明】
360°ランダムに振動する普通光が偏光板を通過するとき、偏光板の極めて細かいスリット状構造により、縦の波は透過し横の波は吸収されて透過しません。また、ななめに振動する波の内、縦に相当する成分が透過し、横に相当する成分は吸収されます。この為偏光板の透過率は、50%未満が理論的限界となります。(教材用偏光フィルムやスポーツ用偏光サングラスなどで透過率の高い製品は、一部普通光も透過しています。)


※ご注意 偏光板は「のぞき見防止フィルター」とは別の製品です。偏光板のスリット構造はナノメーターレベルで極めて細かく、肉眼で見ることはできません。偏光板には、のぞき見防止の効果は全くありません。







 円偏光板(円偏光フィルター)

 
円偏光フィルムは、直線偏光フィルムに1/4位相差フィルム(1/4波長板とも言います)を貼り合せることにより性能を出しています。
直線偏光フィルムの吸収軸に対し、1/4位相差フィルムの遅延軸を45度に重ねて貼ると、右回転円偏光板に、135度(-45度)に重ねて貼ると、左回転の円偏光板になります。
右回転と左回転の円偏光板を、位相差フィルム側を内側にして重ねると、光を遮断できます。

円偏光板の構成 直線偏光板と1/4波長板の重ね方

 
円偏光板の直線偏光との違いは、お互いの吸収軸の交差角度変化しても遮光が崩れません。(但し、直線偏光フィルムの吸収軸が直交したときが最も暗くなります。) 







 偏光板(偏光フィルター)の用途と事例

PL Filter▼ サングラス▼ 光量調整▼ 液晶ディスプレー▼ 光通信▼ 歪検査▼ 3Dメガネ▼
 

 ✔ カメラ用偏光フィルター

偏光フィルターを取り付けると、その方向により反射光の光量をコントロールできます。このため、水辺などの撮影において反射光を抑えたり、窓ガラスの反射を抑える事ができます。また、空気などによる乱反射を抑え、空の色や濡れた葉など、肉眼より色コントラストを高められる為、デジタルカメラ用のカラーコントラストフィルターとしても使用されています。
(カメラ用偏光フィルターは内部のプリズム等との干渉を防ぐため、円偏光が使用されています。)
偏光フィルターとカメラの効果 <不使用例> 偏光フィルターと効果 <使用例>
フィルター不使用 偏光フィルター使用
偏光フィルターで空気中のチリや水蒸気の乱反射を抑え、青空や緑、水の色も濃くなるなど、色コントラストを高められます。
参考URL : https://www.kenko-tokina.co.jp/special/product_type/lensfilter/rec-filter07.html
【用途と事例】へ戻る
 

 ✔ スポーツ偏光サングラス

スポーツ偏光サングラスの吸収軸は水平になっています。海や池などの水面の反射を抑えて水面下の魚の観察を可能にしたり、車の運転などで雨後の水たまりや対向車の太陽光反射を軽減、また雪面の反射を抑えることができるなど、車の運転のほか、釣り用、スキー用ゴーグル等、野外活動用サングラスとして使用されています。
 
偏光サングラスと効果

偏光の効果で浮き下が見え、魚のあたりが確認できます。
※水面でななめに反射した光は、縦振動の偏光になります。左右とも吸収軸を水平にしているスポーツ偏光サングラスは、反射光を吸収しますので、空からの反射光に妨げられずに水中の様子(自然光)を見ることができます。
【用途と事例】へ戻る
 

 ✔ 光量調整

航空機の窓等に2枚の偏光板を設置し、内側の偏光板を回転させ入射する光の量を調整しています。
参考URL : https://www.youtube.com/watch?v=2hRibmDwe1A
 
 

 ✔ LCD 液晶ディスプレー

液晶ディスプレイの表面と裏面に、特定の直線偏光のみを通す「偏光フィルター」が貼られています。液晶によって各画素ごとに旋光性や複屈折性をコントロールして、映像を表示しています。
参考URL : https://note.mu/cima_tommy/n/n7ecec2971e82
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/hardware/lcd.html
 
 

 ✔ 光通信のチャネル増加と信頼性向上

光ファイバー通信の光に偏光を加えることで、チャネルの増加や雑音除去等による信頼性向上に使用されています。
【用途と事例】へ戻る
 

 ✔ 偏光歪検査

■ 偏光歪検査
樹脂やガラスなどの、内部の歪の量を可視化する装置です。直線偏光板や円偏光板、各々2枚の間に、樹脂などの透明体をおき、下から光(面光源)を当てることにより、歪をその強度に応じて特有の色として見ることができます。偏光板を平行に置く平行ニコル法と各々直交させる直交ニコル法や、ガラスなど歪の少ない対象を観察できる鋭敏色法などがあります。
参考URL : https://www.luceo.co.jp/product/?id=1504241374-772734

偏光歪検査装置

偏光歪検査 直行ニコル法


直交ニコル法

鋭敏色法
【用途と事例】へ戻る
 

 ✔ 立体3D映像 偏光式3Dメガネ

立体視の感覚は、右目と左目の視差(ズレ)により、脳内で構成されます。左右離した2台のカメラの左右の映像を、2台のプロジェクターに互いに90°直交(一般的には右目用45°、左目用-45°)する偏光フィルターをかけて重ねて投影し、偏光フィルターを使用した専用の3Dメガネを掛けると、左右の映像を分離して知覚できるので、立体映像として鑑賞することができます。

偏光式3Dメガネ 直交と平行

手前はプロジェクター用偏光板、奥は3Dメガネです。
右目は左用映像が、左目は右用映像が遮断されます。
【用途と事例】へ戻る