Top

 
  • 偏光板・円偏光板・位相差板・3Dメガネ
  • 偏光板 円偏光フィルム 位相差板
  • 3D立体メガネ 偏光/円偏光
  • 偏光3D立体メガネ 紙製
  • 偏光3D立体メガネ 樹脂製
  • 偏光3D立体メガネ 特注
  • 3D立体映像の原理と選び方
  • 反射防止フィルム AR付アクリル
  • 光学機能性フィルム・フィルター
  • 偏光とは 円偏光とは


 3D・立体映像の原理(直線偏光・円偏光方式)とメガネ・フィルター選び方



3Dメガネの原理▼  直線偏光法式▼  円偏光方式▼  プロジェクタ用偏光板▼  3D用スクリーン▼


 偏光式3D映像システムには、
 直線偏光の方式と、円偏光を使用する方式があるようですが、
 いったいどちらを選んだらいいのですか


わからニャー?


 

 3Dメガネの選び方

   

3Dメガネの選び方

 一般的には、直線偏光式が90%以上です。 乗り物と組合せたり、劇場用3D映画のリアルD式などは円偏光式を使用されています。
 観察者が静的環境であれば、単体透過率・直交消光率が高く、価格も安い直線偏光方式がお勧めです。テーマパークの乗り物との複合3Dなどで観察者の頭の角度が左右に触れる場合であれば、円偏光板方式をお勧めいたします。



☆彡以下に直線偏光式と円偏光式の原理を図説しましょう!









 

  立体視の原理

   
 右目と左目の視差(ズレ)により、脳内で立体視感覚が構成されます。 2台のカメラで視差のある画像を作り、右目は右目用カメラの画像を、左目は左目用の画像のみ見るようにすれば、立体視が可能になります。
 これを偏光板を応用して実現したのが、偏光式3D映像システムです。

偏光板の効果 直交と平行








 

  直線偏光式3D

   

偏光式3D立体映像の原理


上図の説明
偏光フィルタの吸収軸を互いに直交して重ねると、光は遮断され、互いに平行な場合は光は透過します。 上図のように偏光フィルタを構成することにより、右目は右目用プロジェクタ(=右カメラ)の画像のみ、左目は左目用プロジェクタの画像のみ見る事になり、映像を奥行きのある立体として感じることができます。







 

  円偏光式3D

   

円偏光式3D立体映像の原理

上図の説明
右回転と左回転の円偏光フィルターを1/4λ板を内側にして重ねると、光は遮断されます。上図のように円偏光フィルターを構成することにより、右目は右目用プロジェクタ(=右カメラ)の画像のみ、左目は左目プロジェクタの画像のみ見ることになり、映像を奥行きのある 立体として感じることができます。

※円偏光式での注意点
@

A
プロジェクタからの映像は、スクリーンで反射される際、回転軸が反転します。このため、右目用のプロジェクタ側には、右目とは反対に回転する円偏光板を使用します。
円偏光板は相互の角度が変化しても、遮光が保たれます。
この点が直線偏光式と大きく違う点ですが、構成している直線偏光板の吸収軸が直交する位置が、もっと遮光効率が高くなりますので、ご注意下さい。







 

  プロジェクター用偏光板に付いて

   
プロジェクターに使用する直線偏光方式は、耐熱性のある染料系偏光フィルター「MUHD40S」をお勧めします。 また、円偏光方式は、140nmの円偏光板「MCPR」「MCPL」、または 125nmの「CP125R」「CP125L」があります。使用する3Dメガネとの適合性をご確認の上ご使用ください。

さらに耐熱性と平面精度を高めたプロジェクター用ガラスサンド偏光フィルターも用意しています。 高精度の表面研磨加工で博物館の展示用や劇場での3D投影用としてお勧めです。



耐熱ガラス偏光板 3Dプロジェクター用

 

高耐久ガラス円偏光フィルター

 

耐熱ガラス円偏光フィルター 3D劇場映画上映用

高耐熱耐衝撃・偏光板
200×200mm t=6.0mm
高耐熱衝撃・特殊光学ガラス
両面を精密研磨
 
高耐久円偏光板
170×170mm t=3.8mm
白板B270 両面を研磨

※在庫限り
 
高耐熱耐衝撃・円偏光板
200×200mm t=6.0mm
高耐熱衝撃・特殊光学ガラス
両面を精密研磨







 

  スクリーンには、3D用シルバースクリーンをご使用ください

   
一般的な白色のスクリーンは、屈折反射の為偏光特性が阻害され、左右画像の分離が出来なくなります。
立体映像用には、偏光が阻害されない表面反射の3D用シルバーのスクリーンを必ずご使用ください。。