Top

  • 電気泳動ゲル 撮影・切り出し・UV LED照明装置
  • 電気泳動ゲル撮影装置・切り出し装置
  • 電気泳動用UVトランスイルミネーター 紫外線光源
  • LEDトランスイルミネーター・電気泳動ゲル・可視光LED蛍光照明
  • 蛍光試薬の励起波長とLED光源の選び方
  • 蛍光試薬の励起・蛍光波長特性とフィルターワーク
  • 励起と蛍光波長・総合一覧表


 主な蛍光試薬の励起/蛍光波長・フィルターワークガイド



 蛍光試薬・励起波長 蛍光波長 光源 フィルターワーク 一覧表

お問い合わせの多い試薬の一覧表です。「分光特性・解説」から、蛍光励起分光特性表と、フィルターワークのガイドラインの解説へジャンプします。

試薬名 励起
波長
蛍光
波長
詳細図   試薬名 励起
波長
蛍光
波長
詳細図
EX nm EX
(Sub)
EM nm EX nm EX
(Sub)
EM nm
Alexa Fluor 532 532 554 SYBR Gold 495 540
Cy3 550 570 SYBR Green I 498 522
DsRed 557 579 SYPRO Red 550 300 630
EtBr 300 518 605 SYPRO Ruby 280 450 620
FITC 490 525 TagRFP 555 583
Gel Green 250 500 530 Flamingo 512 271 535
Gel Red 270 510 600 mCitrine 516 529
GFP 488 507 Midori Green 490 290 530
mCherry 580 610 tdTomato 554 581
          YFP  513   527 
※記載内容に間違いや改善の必要を見つけましたら、他のお客様の為にも、ご遠慮なくご指摘ください。→

*この他の蛍光試薬・励起波長/蛍光波長一覧表はこちら → 試薬 全376種


解説はあくまでもガイドラインです。 光源照度や染色の程度、フィルターの性能、カメラの特性等により、結果は一定ではなく、必ず確認できるとお約束するものではありません。実際につきましてはデモ機にてご確認いただけますようお願いします。



注: バックグラウンドをカットするロングカットフィルターが必要な場合が有ります。→ < ◎ * >
 
■ 蛍光試薬 AlexaFluor532®

AlexaFluor532 Spectrum 励起蛍光波長 分光特性 


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
蛍光顕微鏡や細胞生物学における細胞等の組織のラベルとして使用される。蛍光基に直結したスルホン酸基を有することが特徴、特にローダミンの誘導体は明るく、光安定性が高い試薬。

販売 Lefe Technology

励起波長と蛍光波長が近く、分離が簡単ではありません。青緑505nmLEDとSC-56の組み合わせが有効ですが、透過光源の場合、バックグラウンドを完全除去には、長波長側のすそ野をカットできるフィルターが必要です。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 Cy3®

Cy3 Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
免疫細胞化学の用途に加えて、RNAの所在などの研究のため核酸を標識するために使用されるシアニン型の蛍光標識試薬。

販売 Mirus Bio LLC

AlexzFlouor532と同じように、励起波長と蛍光波長が近く、分離が難しい。青緑505nmLEDとSC-56の組み合わせが有効。透過光源の場合、バックグラウンドを完全になくすために、長波長側のすそ野をカットできるフィルターが必要です。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 DsRed-Express2®

DsRed Express2 Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます

毒性の少ないバクテリアル発現ベクター。

販売 Clontech Laboratories, Inc.

励起と蛍光のピーク波長は近いが、波長に幅が有り、分離しやすい。青・青緑・緑とも励起でき、分離も赤色フィルターも有効と思われる。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 Ethidium Bromide (エチジウム・ブロマイド)

EtBr Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
ゲル中の核酸バンドを染色する、従来からもっとも多用させている蛍光試薬。 試薬に毒性が有るため、、取り扱いに注意が必要。

Wikipedia →

励起のピークは300nmの他に、518nmにも有り、505nmや530nmのLEDで励起が可能です。但し、効率は低いので、強力な光源と、バックグラウンドを除去する高性能なフィルターが必要になります。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×
バックグラウンドを完全除去
 Dichroic Filterの効果

不使用時     使用時
*当社の青緑色LEDトランスイルミネーターは、高性能複合ダイクロイックフィルターを採用しています。

お勧め機種 <LED505-TR60W>


■ 蛍光試薬 FITC®

FITC Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
顕微鏡観察に用いられる蛍光色素の一種。法医学や血清学における血痕の探索、色素追跡用途などに広く利用される。

販売 Kirkegaard & Perry Laboratories

励起波長は、490nmで、505nmのLEDで励起が可能ですが、。蛍光波長が近いので、バックグラウンド除去付き光源を使用するか、ハイパワー青色LEDを使用し、SC52(別売品)を使う方法もあります。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm ×
505nm  ○ *
530nm × ×
*470nm LED + SC52(option)も有効


■ 蛍光試薬 Flamingo®

Flamingo 蛍光試薬 分光波長特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
高感度、低価格でランニングコストを抑えられ、簡便なプロトコールで、タンパク質の検出が可能です。定量性が高くます。質量分析によるタンパク質の同定が可能。UV励起も可能。

販売 Bio-Rad

励起波長は512nmで、505nmのLEDが効率的に励起できます。蛍光波長が近いので、バックグラウンド除去付き光源を使用するか、ハイパワー青色LEDを使用し、SC52(別売品)を使う方法もあります。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm ×
505nm  ○ *
530nm × × ×
*470nm LED + SC52(option)も有効


■ 蛍光試薬 Gel Green®

Gel Green Spectrum 励起蛍光波長 分光特性

★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
ゲル中の核酸バンドを染色する製品。安全な505nm青緑LEDで励起。常温保存が可能など操作性も優れて。プレステイン染色・ポストステイン染色双方とも可能。特にエチブロで検出できない低分子量の核酸バンドも、検出することができる。

販売 cBiotium

FITCに近い波長特性の試薬です。励起波長は、500nmで、505nmのLEDで効率的です。蛍光波長が近いので、バックグラウンド除去付き光源を使用するか、ハイパワー青色LEDを使用し、SC52(別売品)を使う方法もあります。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm ×
505nm  ○ *
530nm × ×
*470nm LED + SC52(option)も有効


■ 蛍光試薬 Gel Red®

Gel Red Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
ゲル中の核酸バンドを染色する製品。従来品のエチジウムブロミド(EtBr)と比べて環境と安全性にも優れ、常温保存が可能など操作性も優れて。プレステイン染色・ポストステイン染色双方とも可能。特にエチブロで検出できない低分子量の核酸バンドも、検出することができる。

販売 cBiotium


前述のエチブロ(Ethidium Bromide)と非常に似た特性です。 エチブロよりは、520nm辺りでエチブロより高い吸収が認められますので、LED光源がより有効です。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 GFP / EGFP

GFP EGFP Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
GFPはリアルタイム、かつ、細胞破壊の必要がなく出でき、他のタンパク質との融合タンパク質としても機能を発揮する(GFPタグ)。特に細胞内のシグナル伝達などに関与するタンパク質の細胞内局在を明らかにするツールとして、広く使用される。
販売 GE healthcare

励起と蛍光波長のピークが非常に近いが、励起波長が短波長側に多少広がっている為、青色LEDがもっとも有効と考えられます。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm ×
505nm  ○* ×
530nm × ×


■ 蛍光試薬 mCherry®

mCherry Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
サンゴ(Discosoma sp.)由来のRFP(DsRed)を改変した赤色蛍光タンパク質です。目的タンパク質との融合発現やプロモーター活性のモニタリング、バクテリアでの発現などに利用可能、蛍光を発するまでの時間が速く,安定で退色しにくいという特性があります。

販売 Clontech Laboratories, Inc

励起波長のピークは蛍光にに近いが、短波長側にも広がりが有るので、青緑LEDや緑色LEDが有効。緑色LEDで励起し、赤色フィルターで分離するのが効果的。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ○ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 mCitrine®

mCitrine 蛍光試薬 分光特性表


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
mCitrineはエンプティーベクターで、LICクローニングプロトコルで遺伝子に挿入することができる。 こまた、単一発現ベクターとして使用することができ、他のベッターとも互換性があり、汎用性が高い。

販売 ??

励起波長は510nmで、505nmのLEDが効率的に励起できます。蛍光波長が近いので、バックグラウンド除去付き光源を使用するか、ハイパワー青色LEDを使用し、SC52(別売品)を使う方法もあります。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm ×
505nm  ○ * ×
530nm × ×
*470nm LED + SC52(option)も有効


■ 蛍光試薬 Midori Green Advance®

Midori Green 蛍光試薬 分光特性表


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
先染め法に理想的な核酸染色試薬。低いバックグラウンドと高いS/N比。EtBrに替わる安全なDNA蛍光試薬です。

販売 Fast Gene

青色LED(470nm)で比較的容易に励起可能で、蛍光のピーク波長も差が有るため、蛍光の分離が容易な試薬と言えます。オプションのSC52を使う方法もあります(バックグラウンドの可能性有り)

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-54
Option
SC-56
470nm ×
505nm ×
530nm × × ×
SC52(option)も有効


■ 蛍光試薬 SYBR Gold®

SYBR Gold Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
EtBrの25〜100倍の高感度、25 pgでDNAを検出、DNAクローニング効率向上。DNAダメージのない青色LEDで励起可能。核酸結合fは1000倍上のシグナル。ホルムアルデヒド、または尿素ゲル中のdsDNA、ssDNA、RNAを検出など汎用性も高い。

販売 Life Technology

青色や青緑色LEDで比較的容易に励起可能で、蛍光のピーク波長も差が有るため、蛍光の分離が容易な試薬と言えます。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 SYBR Green®

SYBR Green Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
分子生物学で核酸の染色に用いられる非対称のシアニン系色素。二重らせんを組んでいるDNAと特異的に結合する。発癌性のエチブロ代替物質とすることができる。但し、DNA結合能があるので無害というわけではない。

販売 Life Technology

励起波長は、SYBR Goldに近い励起波長ですが、蛍光波長が近い為、少し分離が難しくなります。青緑LEDでバックグラウンド除去付き光源を使用するか、ハイパワー青色LEDを使用し、SC52(別売品)を使う方法もあります。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm × ×
*470nm LED + SC52(option)も有効


■ 蛍光試薬 SYPRO Orange®

SYPRO Orange Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタを表の上に移動すると、LEDとフィルターの分光特性が表示されます。
この試薬はタンパク質の種類による蛍光強度の差があまりなく、長時間安定した発色を示すので取扱いが容易です。染色後のゲル洗浄操作もバックグラウンドが低いため短時間で処理でき、ゲル電気泳動に適した蛍光法です。染色後ウェスダンプロッティンクし、免疫試薬による検出も可能となります。

販売 GE healthcare

励起波長のすそ野が広く、青色LEDも青緑LEDもほぼ全て有効に吸収されます。蛍光波長にも差が有るため、蛍光の分離が比較的容易と考えられます。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ SYPRO Red®

SYPRO Red Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
蛍光顕微鏡や細胞生物学における細胞等の組織のラベルとして使用される。蛍光基に直結したスルホン酸基を有することが特徴、特にローダミンの誘導体は明るく、光安定性が高い試薬。

販売 GE healthcare

やはり励起波長のすそ野が広い試薬で、青緑と緑色LEDが励起に有効です。SC-56もSC-60も蛍光の大部分を透過できるので、分離もし易いと思われます。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 SYPRO Ruby®

SYPRO Ruby Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
蛍光顕微鏡や細胞生物学における細胞等の組織のラベルとして使用される。蛍光基に直結したスルホン酸基を有することが特徴、特にローダミンの誘導体は明るく、光安定性が高い試薬。

販売 GE healthcare

励起波長と蛍光波長のピークが離れていて、蛍光の分離が大変容易な試薬と言えます。青色LEDが最も効率がよく、青緑色も有効です。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 TagRFP


RFP Spectrum 励起蛍光波長 分光特性


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
イソギンチャクEntacmaea quadricolor由来のRFPタンパク質。これまでのモノマー型の赤色蛍光タンパク質で最も高い蛍光輝度を示します。TagRFPは哺乳類細胞で発現させた場合、トランスフェクションの10-12時間後に蛍光シグナル検出可能。

販売 Evrogen JSC

青緑と特に緑色LEDで励起効率が高い試薬です。、蛍光波長が近いのでバックグラウンドを避ける為、青緑LEDでは長波長カットフィルター付き光源を使用するか、緑色LEDの場合、SC-60で分離することが出来そうです。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm  ◎ *
530nm ×


■ 蛍光試薬 tdTomato®

tdTomato 蛍光試薬 分光特性表


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
tdTomatoはEGFPの2.5倍の蛍光強度、明るい赤色蛍光タンパク質で凝集性も低い。動物のイメージング解析に理想的、1 cmの深度まで蛍光が検出。また、N-、C-末端融合タンパク質の作製にも適している。

販売 Takara Bio

前述のTag RFPに近い波長特性の試薬です。
蛍光波長が近いのでバックグラウンドを避ける為、青緑LEDでは長波長カットフィルター付き光源を使用するか、緑色LEDの場合、SC-60で分離することが出来そうです。

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm
505nm ◎*
530nm


■ 蛍光試薬 YFP

YFP 蛍光試薬 分光特性表


★ ポインタをこの表に移動すると、LEDとフィルターの波長が表示されます
合成非エクオレア蛍光タンパク質。さまざまなPCRによって増幅や切除することができる蛍光タンパク質で、任意の発現ベクターにクローニングできる。これらのベクトルは発現ベクターまたはポジティブコントロールとしても使用でき、誘導性タンパク質のモニタリングも可能。

販売 Cosmo Bio

励起波長は512nmで、505nmのLEDが効率的に励起できます。蛍光波長が近いので、バックグラウンド除去付き光源を使用するか、ハイパワー青色LEDを使用し、SC52(別売品)を使う方法もあります

励起波長 試薬励
起効率
組合せ総合評価
SC-56 SC-60
470nm ×
505nm ◎* ×
530nm × × ×
*470nm LED + SC52(option)も有効


注: バックグラウンドをカットするロングカットフィルターが必要な場合が有ります。→ < ◎ * > 


*この他の蛍光試薬・励起波長/蛍光波長一覧表はこちら → 試薬 全376種


解説はあくまでもガイドラインです。 光源度照度や染色の程度、フィルターの性能、カメラの特性等により、結果は必ずしも一定ではなく、必ず確認できるとお約束するものではありません。実際につきましてはデモ機にてご確認いただけますようお願いします。